2017年 08月 01日 ( 1 )

一人旅立つ息子の見送り

私の母は
毎夜の手の込んだおかずはもちろん
手作りのおやつや
編み物に手縫いのワンピースなど
を娘たちに作ってくれたものです


‷私が飼育するから”の
常套句で無理やり買ってきたものの
全く世話がいき届いていない
インコやハムスター、金魚にまで
愛情を注いでお世話してくれる
私にとって母として100点満点の人



それを娘である私が引き継いだか?
と聞かれたら 私の役割は
長年お世話してもらう側の
人間だったわけなので



子供を産んだからと言って
お世話上手になるわけはなく
私の母親業たるや相当いい加減で
詰めが甘い…


‶合格点の母になった”
と自分で認めることが
出来ないまま
子供達は成長し2人とも
反抗期真っ盛りのティーンエイジャーに




そして先週末は
次男にとって初めての一人旅
1カ月のNYステイに飛び立つのを
空港まで見送りに行きました




大人びて見えても15歳の反抗期は
一緒に写真を撮ろうとすると
激しく抵抗をします136.png



「飛行機が落ちたらもう2度と
一緒に写真を撮れないかもしれないでしょ」
と脅してやっと撮った写真も
機嫌の悪いフテ猫のように目を細めた
表情でパシャリ



d0339681_14562302.jpg


‷機内にいるうちに入国カードもらって書くのよ”
とか


‷入国審査は挨拶と笑顔で話せ”とか


‷出川イングリッシュで構わないから
最後まで主張してみよう”とか



鬱陶しがられながらも
別れ際までクドクドクドクド
言って聞かせつつ



いつの間にか私より
大きくなった背中が
消えていくまで見送りました



高速道路を運転する帰り道
私も初めて一人でアメリカへ旅立つときに
母に飛行場まで送ってもらった日を思い出しました



あの頃は白いアメ車の
コンバーチブルに乗っていて
時間はギリギリ 母の運転で
高速をすっ飛ばしました



風に1時間以上もあおられたので
飛行場に着いた頃は
2人とも疲れてフラフラだったけど
笑顔で送り出された



1人海外で過ごすことはやはり不安だったけど

‷どんなに遠い地であっても何かあれば
絶対にこの人は助けてくれるんだって”

信じて疑うことはなかった



そうか愛情深く頼りがいのある
あの頃の母は
今の私よりも年下だったのですね



あの頃は私自身がいつか母となり
自分の子を見送る日が来るなんて
ことは想像してなかった


それが


いつも送られる側の私が
送る側になったのですね



自分の人生を振り返れば
あの時想像した形ではないけれど
幸せで多くを与えられた人生で
あることには間違いなく



あの時の経験が土台の一部を
作っているのはよくわかってる



きっと一人旅立つ彼にとっても
人生の土台となる経験に
なるであろうから



これから彼が体験するであろう
困惑や焦りや不安
そして最終的に手にして欲しい
彼自身への信頼など
夕暮れ色の空の下
ハンドルを握りながら
思いを馳せました



175.pngアンジェリーナでは一緒に店舗を運営してくれる
  新人スタッフの募集を始めました

 
  〇ジュエリーが好きで
   ジュエリープラクティショナーの知識に興味のある方、
  〇PCの基本操作が出来る方(ワード、エクセル)
  〇45歳までの方
  〇勤務日数などは要相談
是非店舗までお問い合わせください



古来から伝わる宝石が持つエネルギーと
活用法を学び豊かなライフスタイルのための
ジュエリープラクティショナー講座のおしらせ
      

BASIC2セミナー 8月5日(土)10時半~


ジュエリープラクティショナープロフェッショナルコース
  7月23日(日)、24日(土)、8月7日(月)
  満員御礼
  
ジュエリープラクティショナー短期集中認定講座

  8月11日(金)、12日(土)、13日(日)、19日(土)





篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei